組立加工・アッセンブリーの品質向上、工数削減のエキスパート

社員のスキルアップを目的とした、実践型の教育研修『第5回 5S発表会』

去年より、2か月スパンで『5S発表会』を部署毎に行っておりました。
内容は主に部署内の問題点をカイゼンし、その成果を発表するというもので、
主な目的として、社員のスキルアップを図り、現場力を高めることにあります。

具体的に、5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)における知識の習得から始まり、
次に、その知識を生かして、現場での問題点(カイゼン点)
例えば、置き場が決まっていないやいらないものがいつまでも置いてある
と言ったムダや、やりづらい所に気づくものの見方を勉強します。
その後、気づいたところに対して、計画を立ててカイゼンをしていき、
それを資料にまとめ発表するといった実践型の研修を行っています。

この研修における効果として、社員の知識の向上や資料作成によるスキルアップや現場のカイゼンによる作業性の向上、小グループで行う事でのコミュニケーションやチームワークの向上、また発表する事による部署間の知識の共有や、良いものを水平展開して全社的に展開出来るといった効果がありました。

現在では全社員のみにて行っておりますが、
本年はそれを全従業員(パート社員さんや派遣社員さんを加える)で行えるような仕組みを作ろうと考えています。
みんなで楽しく和気藹々と取組みながら、仕事の効率化を図れるようにやっていき、現場作業者さんが主体となって、より作業しやすく、より居心地良く、よりきれいな現場を目指していきます。

第3回5S研修発表会

DSC_02704月から行われている5S研修の発表会がありました。
5S研修の内容は各部署5チームに分かれてそれぞれの現場で5Sを行い、2ヶ月に1回発表します。
一番評価の良かったチームが表彰されます。
各現場チーム一丸となって毎月頑張っています。
次の発表会は、12月です。
みんなの発表が楽しみです。

2014-10-25 08.42.29