組立加工・アッセンブリーの品質向上、工数削減のエキスパート

プラスチックのピンを熱溶着しカシメる設備

プラスチックのピンを溶着する設備も製作しております。

これは、メインの基材(樹脂)にピンが何本も出ている所に部品(樹脂なゴム)を挿入し
そのピンに熱をかけて溶かし、リベットの頭のような(キノコ状)形状に変えて
挿入した部品を外れないようにする設備になります。

弊社では現在、主に2タイプ方法があり、

1つ目は、ピンをすべて同時にカシメる仕様です。
メリットとしては、MCT(マシンサイクルタイム)が比較的短時間になります。
大よそ20~30秒程
デメリットとしては、専用機になり、汎用性に乏しくなります。(出来ない事はないです)
また、お客様での調整作業が繊細になります。(ピン全ての位置関係が影響する為)
実績として、ピン13点ほどの同時カシメは行っております。

2つ目は、ピンを1つずつカシメる仕様です。
こちらは、3軸ロボット等を使用する為、
メリットとしては、多品種対応が容易で、座標調整での微調整がお客様でも
容易に行えます(専用ソフトが必要な場合があります)
デメリットとしては、ピンの数に比例して、MCTがかかります。
実績では、ピン1本あたり10秒程(ピン高さ10mm、材質アクリル、温度190℃)

以上の2タイプがありますが、工程のCT(サイクルタイム)の条件により選択になりますが、CTに問題がなければ、2つ目の仕様を推奨しています。(汎用性が高い為)

また、どちらもご要望に応じて製作の為、安全センサーや、画像処理、跳ね出し、
部品確認センサー等、お客様のご要望にマッチしたものを製作致します。

もしご興味がございましたら、弊社までお問い合わせください。
自社で実際に使用しておりますので、ご覧頂くことも可能です。