組立加工・アッセンブリーの品質向上、工数削減のエキスパート

段ボール運搬・保管台車

段ボール運搬保管台車パレット積みで、トラックで配送されてきた段ボールを、台車に積み直し、2階の段ボール置き場まで運搬していました。これは、かんりの重労働なので男性社員がおこなっていました。運搬中や保管場所で崩れるという問題も有りました。そんな背景が有り、この段ボール台車は開発されました。段ボール台車は段ボールを両側から挟むため、荷崩れしません。女性社員でも軽々と運搬できるようになり、保管場所もスッキリしました。

導入の効果

導入前

段ボール置場が2Fにあるのですが、従来のパレットでは、搬入口から作業場まで4往復をする必要があり、搬入作業で毎日約20分、時間を取られていました。パレットも重く、崩れやすいので、背の低い女性では作業が困難でした。

年間コスト 3,000円×1/3×200日=約200,000円

導入後

4往復が2往復に短縮され、搬入時間が半分になりました。
台車は軽く、取り回しが良いので、女性でも楽々搬入作業が出来ます。

年間コスト 1,500円×1/6×200日=約50,000円

台車の購入費用(30,000円)を差引いても、数か月で元が取れます。

段ボール運搬保管台車