組立加工・アッセンブリーの品質向上、工数削減のエキスパート

ファブリック巻き・表皮貼り機・ラッピング機

プラスチック製の基材に、裏面がシールになっている表皮を貼り付ける組立作業です。

手作業の場合、位置合わせにズレが発生したり、気泡が入ったりして、品質が安定せず不良が発生しやすくなります。また、工数は作業者の熟練度に依存するため、作業者によって、大きなバラつきが出ます。

ファブリック巻き・表皮貼り機・ラッピング機の例

表皮をセットし、シールの台紙を剥がします

fab-2

プラスチックの基材をセットします

fab-3

スイッチを入れると基材が表皮に押し付けられていきます

fab-4

さらに基材が押し付けられ、スポンジに沈んでいきます。

fab-5

表皮巻き機での巻き作業、終わり