組立加工・アッセンブリーの品質向上、工数削減のエキスパート

溶着機

溶着機

 

熱や超音波で溶着を行う専用機です。

カメラを使用し品番や組付け部品を見分けることで品違いや欠品を防ぐことができ、生産数や生産状況も確認することができます。基材をセットしスイッチを押すことで自動で溶着を行いますので、その間作業者は他工程を行うことができます。

手作業で溶着を行うと、やはり作業者ごとで完成度にムラがでてしまい、また時間もかかります。この設備は溶着作業を必ず同じ動作で行うため、作業者での差異が出ません。人より早く正確に動き、異常の際は自動で停止するため複数台を一人で管理することができるため、少人数で生産を行うことができます。

小さな変更に対して生産ラインを数時間、または一日以上止めなければならないということはとても困ります。ですがこの設備はマイナーチェンジなどにより溶着位置や高さを変更したい、といったことはタッチパネルを使用してすぐに対応することができるので生産ラインを長時間止める必要がありません。コントローラを使用すれば実際に溶着位置に移動させつつ確認ができるのでトライアンドエラーを何度も行う必要がなく、調整をスムーズに行うことができます。また、タッチパネルから生産数や項目ごとの不良数を管理し、いつもと違う変化点(複数の基材で同じ箇所にキズなど)を早期発見することで、早い段階で原因の考察・対策をとることができます。原因を知ることができれば再発防止をすることが可能であり、他の製造現場にも情報展開が可能です。

 

設備一覧