組立加工・アッセンブリーの品質向上、工数削減のエキスパート

加圧機

加圧機

 

表皮巻き機にて表皮巻きを行った後に圧力を加え、表皮が基材からはがれないようにする為に使用しています。空気圧でウレタンを押し付け、常に一定の圧力を設定した時間の間押し続けます。

近年、表皮巻き後の剥がれ防止で”指定された圧力で一定時間加圧する”という条件が記載されています。指示された場所を人の手で押し続けることは困難なため、設備にて加圧するようにしています。加圧の圧力と加圧時間は設備作成前に変更可能です。

基材をセットしスタートスイッチを押すと加圧が行われ、内側を巻きやすいように表皮をカットします。この間作業者は他工程を行うことができます。加圧後は自動で手前に排出されます。排出されることで次工程への基材の移動を円滑に行うことができます。

 

設備一覧